英会話教室必要ある?通わせるべき3つの理由

Study together 子供英語教育
スポンサーリンク
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

みなさんは、子供に英会話教室に通わせていますか。もう既に通わせている方もいらっしゃると思いますし、これから通わせようと思っている方もいらっしゃるのではないかと思います。

Study together

前回の記事で子供に英語の動画を見せるべきだとお伝えしました。

元英会話講師が語る!子供に英会話動画を見せるべき3つの理由
子供たちが動画を見ながら英語を学習するべき理由を3つに絞って紹介。言語教育的観点、視野が広がる、英語は楽しいものという認識から学習スタートできる。

英語力向上のためには多くのインプットを得なければアウトプットをすることができないため、動画は英語教育の面では見せないよりも見せたほうがいいということをお伝えしたと思います。

そうなると次に疑問が出てくると思います。

英語の動画や教材動画だけで十分だから英会話教室なんて必要ないのではないかと思う方もいらっしゃると思います。

今回は英会話教室に通わせる必要性について3つお伝えしたいと思います。

適当ではダメ!?質のいいインプットの重要性。

Youtubeなどの無料英語動画では不十分なインプット?

動画で英語学習

有料の英語動画教材では質のいいインプットが得られる可能性は高いです。それは学習ステップを組んで作られているからです。しかしYoutubeなどの無料動画ではインプットの量は大量に浴びせることができ、しかも無料のため良いツールといえますが、質の良いインプットを与えることができるかとう観点では疑問が生じます。それはインプットの質を英語教育に携わっていたりご自身で英語をステップを組んで勉強したことを覚えていない方では良質なインプットを子供に与えることができないということです。

どんなインプットが理想的?

そこでポイントになるのが、有名な言語学者スティーブン・クラッシェンが唱えたインプット仮説の中の理解可能なインプットが第二言語が上達するうえでの鍵となります。現在のレベルよりも少し上レベルの理解可能なインプットが言語が上達するうえでは常に必要と言えます。しかもそのインプットに『気づく』必要があるのです。簡単に言えば、そのインプット新しい!こういう時に使うんだ!などただインプットを得るだけではなくそのインプットをどんな場面で使うのかを理解し気づく必要があります。

インプットだけでは話せるようにはならない(アウトプットの重要性)

学校の授業だけでは英語が話せるようにならなかった?

study in classroom

現在の子供の親世代が受けた英語の授業を思い出してください。座学が多くどちらかというと文法にフォーカスを置き、読む書くをベースにした授業が多かったと思います。多くのインプットを得たにもかかわらず英語が苦手や実際に英語で外国人と会話やメールのやり取りができるという方はどのぐらいいるでしょう。海外留学など経験がない方で日本国内だけで一般的な英語の教育を受けてきた方ではそれほど自信をもって英語が得意ですという方は多くはないのではないかと思います。それはアウトプットの重要性を唱えた有名な言語学者メリル・スウェインのアウトプット仮説から理解することができます。

英語を正しい場面でアウトプットをする機会不足が原因?

日本での従来の英語教育では慢性的なアウトプット不足ですし、アウトプットする良質な機会なかったことが英語が上達しなかった原因です。正しい場面での実際に第三者とコミュニケーションを取りながら、これまでに学んだインプットをどういうときに使うのかという経験を繰り返すことのよって英語が上達します。英会話教室では、動画で得たインプットを実際に使う練習をする機会を得ることが可能です。

英会話教室は社会性を身に着けるいい機会

study English with group

英会話教室に通うとグループレッスンやプライベートレッスンがあると思いますが、多くの方がグループレッスンを受けられているのではないかと思います。もちろん授業単価が安く受けさせやすいという理由がグループレッスンを受けさせている方が多い理由の一つだと思います。英会話教室では学校とは違う仲間に出会うことができますし、他の人とコミュニケ―ンを取る機会でもあります。それが英語を使いながら行えるのなら確実に英会話能力向上の効果が期待でき、英会話教室に通わせる意味があると言えます。

まとめ

今回は英会話教室に通わせるべき3つの理由をお伝えいたしました。第二言語である英語を上達させるにはインプットの量が多ければいいだけではなく質も重要であり、インプットを実際にアウトプットする機会が必要です。もし英会話教室に通わせるか悩んでいらっしゃるのでしたら通わせて間違いはないと言えるでしょう。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
子供英語教育
最後まで読んで頂きありがとうございます。 シェアして頂けると、嬉しいです。よろしくお願いします!
yunyunをフォローする
ayatori02
タイトルとURLをコピーしました